装備資機材ヘルメット>ABA TAC-200R バリスティック・ヘルメット

American Body Armor TAC-200R Ballistic Helmet

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

アメリカン・ボディー・アーマー

American Body Armor

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-100R バリスティック・フェイス・マスク 米国の大手防弾装具メーカーのひとつであるアメリカン・ボディー・アーマー(American Body Armor and Equipment, Inc.:ABA)は、 1969年にフロリダ州の人口1万人ほどの小さな町であるユリーに設立された。 当時革新的であった男女兼用のハイブリッドタイプのコンシールド・ボディー・アーマーの設計をはじめ、最新の防弾材料と製造技術により、 捜査官からSWAT向けの各種防弾装具の製造販売を拡充し、 ABAは高性能な防弾装具を求めるローエンフォースメント(法執行関係機関)コミュニティーにおいて、短期間のうちに非常に高いブランドロイヤルティを獲得した。

1985年8月、ABAはUnifast Industries社に170万ドルで買収されたが、そのブランド力の高さから会社自体は社名を残して存続した。 しかし、1980年代後半からABAは恒常的な経営不振に陥り、1992年には米国破産法の適用を申請し、法の保護の下で組織再編と事業再編を進めていった。 そして1996年1月1日、事業再編を迫られたABAは、新しい所有権を有する株主が中心となって複数の子会社から成る軍需企業系列の持株会社を設立し、 同年8月21日に持株会社の社名がアーマー・ホールディングス(Armor Holdings, Inc.)として正式に採択され、ABA自体もその子会社となる。 アーマー・ホールディングスはフロリダ州ジャクソンビルに本社を置き、当初のABAのほか、11年間の歳月をかけて サファリランド(SAFARILAND)、ハッチ(HATCH)、ビアンキ(BIANCHI)、モナドノック(MONADNOCK)、プロテック(PROTECH)、セカンドチャンス(SECOND CHANCE)、 ディフェンス・テクノロジー(DEFENSE TECHNOLOGY) といった米国の主要なデューティー・ギア・メーカーや防弾装具メーカーを次々に買収し、これらを子会社として経営傘下におさめていった。

さらに、2007年5月7日、アーマー・ホールディングスは系列企業と共に英国の大手軍需企業であるBAEシステムズに約41億ドルで買収される。 その後、2008年以降に米国の複数のタクティカル・ギア・メーカーを傘下に有するBAEシステムズ・プロダクツ・グループは、 既に系列企業のひとつであり、総合タクティカル・ギア・メーカーとして世界市場で高いブランド・ロイヤルティを誇っていた“サファリランド”に社名を統一したことから、 2014年時点ではABAはサファリランド・グループの系列企業となっている。

TAC-200R バリスティック・ヘルメット

TAC-200R Ballistic Helmet

米国の大手防弾装具メーカーのひとつであるアメリカン・ボディー・アーマー(ABA)社製の“TAC-200R バリスティック・ヘルメット”。 1990年代に製造された対テロ特殊部隊や警察SWAT向けの防弾ヘルメットで、拳銃弾に対する一定の抗弾能力を有している。 当時主流であった米軍のPASGT(地上部隊個人防護システム)ヘルメットのシェルデザインを踏襲し、製造段階から帽体は艶消しブラックカラーで塗装されているのが特徴だ。 標準でPASGTヘルメットと同様のインナー・サスペンション・ハーネス・システムと2ポイント・チンハーネスを装備しているが、 同社からはオプションとして安定性能に優れた3ポイント・アジャスタブル・サスペンション・ハーネス・システムも販売され、容易にアップグレードすることができた。 1990年代から2000年代前半にかけて“TAC-200R”は、FBI SWATをはじめとした全米の警察SWATや米軍憲兵隊に所属しているSRTなどに採用されていた。

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

▲オプションのアップグレードパーツとしてABAから販売されていた3ポイント・アジャスタブル・サスペンション・ハーネス・システムは、 着用者に合わせてサイズの微調整が容易で、3点支持式のため激しい動きをしても非常に安定性が高く、当時主流だった英国のRBR社製のデザインに近い。 ABAと同じくアーマー・ホールディングスの系列企業であったPROTECH社製の製品と同一であり、OEM(相手先ブランド名製造)製品と考えられる。

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-200R バリスティック・ヘルメット

▲帽体内側に貼付された製品ラベル。“TAC-200R”の型番とサイズのみ表記されている。本体重量はMサイズで約1,500gだ。

ABA(アメリカン・ボディー・アーマー)TAC-100R バリスティック・フェイス・マスク

▲“TAC-200R”は1990年代から2000年代前半にかけて、FBI SWATを含む全米の警察SWATや米軍特殊部隊(憲兵隊所属SRT)などに採用された。