装備資機材

ガンアクセサリー

Gun Accessories

特殊作戦装備

科学技術の発達に伴って発明された火薬は、元来の伝統的な戦争の方法そのものに文字どおり破壊的な革命をもたらした。 爆薬や大砲の発明に並ぶ、その副産物のひとつが“銃”である。 火薬の爆発的燃焼エネルギーを利用して弾丸を発射する銃という この全く新しいカテゴリーの武器が誕生してから現在に至るまで既に数世紀が経過した。 その間、銃は刀剣に替わり、軍事作戦における物理的武力行使の最小手段として用いられてきた。 そして、近代兵器の発展に加速度的進化を与えた20世紀初頭の2つの世界大戦を大きな契機とし、 銃にも是非なく人類が経験してきた“戦闘”から得られる無数のバトルプルーフ(実戦経験)が蓄積された。 これらの膨大なデータを基にして、弾薬弾頭の効率化、発射機構の合理化、構成素材による軽量化、剛性と安全性や 生産性向上、人間工学をも応用した基本デザイン・操作性の追及など、銃には無数ともいえる様々な発展改良が成されてきた。 しかし、21世紀に至った現在、これらの銃の基本的な構造は単一の工業製品という観点からはガソリン自動車 などと同様、既にこれ以上大規模な発展の余地が見込めないほど完成の域に達したといえる。 SWAT オートマチックピストルでは100年近く前に開発された傑作モデルであるコルト1911系列が、その基本構造や デザインに大きな変更もなく21世紀の現在でも依然として多くのタクティカルユーザーに支持を受け愛用され 続けており、さらに第2次世界大戦以降に登場したアサルトライフルも東西陣営で双璧を成す旧ソ連のAKシリーズと 米国のM16シリーズが、派生モデルのバリエーションの展開による発展改良を続けながら依然として半世紀近くも 採用各国で主力小銃としての地位を堅持している。 このように機械的には完成し尽くされた工業製品と見込まれていた銃だが、特に1990年代以降に新たな発展の潮流を見せ始めた。 それは21世紀を目前に僅か数十年で飛躍的に進化した先端電子技術を応用したオプションデバイスである各種 ガンアクセサリーの登場である。 ここでいうガンアクセサリーとは銃の機能を機械的ではなく間接的に向上させたり、運用上の利便性や汎用性を求めるための ものだ。古くからある白兵戦を想定した銃剣(バヨネット:Bayonet)や狙撃銃に装着される遠距離照準用の高倍率 スコープ、さらに銃を保持するために本体に装着する負い革(スリング)なども広義にガンアクセサリーの一種といえる。 しかし、先端技術を応用した新たなガンアクセサリーは、これらの従来品とは一線を画する発展性を有する。 東西冷戦が終結した1990年代以降、時代の趨勢から戦争の形態そのものが正規の軍隊が衝突する対照な戦いから、 非正規のテロリストなどとの非対称の戦いに変化し、軍艦や戦闘機といった従来の伝統的な主力兵器に代わり、 対テロ作戦を主任務とした少数精鋭の特殊部隊が戦争の影の主役に躍り出た。 対テロ特殊部隊の一義的な主任務は人間対人間の直接的な戦闘を伴うテロリストの制圧と排除であり、その主力となる 攻撃兵器は銃である。 そして銃による攻撃能力に限定したタクティカルアドバンテージ(戦術的優越性)を向上させるために大きな 役割を担うものが先端技術を駆使したガンアクセサリーだ。 21世紀に至った現在では世界先端の軍事技術を有する米国のみならず、ガンアクセサリーの効果的運用が現代戦を 勝ち抜くセオリーとして世界各国の軍隊に広く認識されるようになった。 さらに先端技術の実戦投入が国益を伴う軍隊優先である傾向に依然として変化はないものの、重武装の凶悪犯罪対処に従事する 警察SWATを始めとした各種法執行関係機関所属の特殊部隊や治安維持部隊などにおいても同様の傾向が見受けらる。 良くも悪くも組織を問わず銃を主たる攻撃手段としているタクティカルユースにおいては、ガンアクセサリーの 効率的な実戦運用自体が決して欠くことのできない勝因要素の一部となっている。

特殊作戦装備

先進各国で対テロ作戦対処や凶悪犯罪対処の特殊任務を担う特殊部隊や警察SWATの創設が相次いだ1980年代以降、 ハンドガンやサブマシンガンなどの運用小火器に対して、大光量フラッシュライトやレーザーサイトを始めとした 各種アクセサリーの装着運用が頻繁に見受けられるようになった。 当初これらの各種アクセサリーの運用は、屋内や飛行機内などの閉所空間における近接戦闘(CQB)に遭遇する機会 の多い対テロ部隊や警察SWATなどの特殊部隊による限定的なものであった。 軍隊が担う一般的な野外戦闘とは異なり、屋内戦闘では例え日中であっても光源のない暗所などのロウライト・コンディション(低光度環境)に直面 する機会が非常に多く、暗闇を照らし出す大光量フラッシュライトの運用は必然的なものであった。 また、1980年代以降の技術革新によって実現した小型の低出力半導体レーザーは、レーザーの特徴である光線の 直進性を利用し、レーザーサイトなどの銃器と併用する各種レーザーポインティングデバイスを誕生させた。 こちらも長距離の野外戦闘では不適だが、低光度環境に加え極至近距離において瞬時の制圧射撃が必要とされる CQB任務には最適な照準装置であり、これらの特殊作戦を担う特殊部隊では大光量フラッシュライトに次いで多用される アクセサリーデバイスであった。

特殊作戦装備

そして1990年代、主に米軍の先鋭部隊を始めとして無倍率のスコープ内部のハーフミラー上に赤色光点を電子的に 表示し、照準を容易にするダット(ドット)サイトが実戦運用されるようになり、その有効性を大いに発揮した。 さらに、電子技術の飛躍的進歩により普及した高性能で小型軽量のナイトビジョン(暗視装置)、そして可視光 レーザーサイトに加えてナイトビジョンと併用して威力を発揮する不可視光のIR:Infrared Rays(赤外線)レーザー サイト・イルミネーター、対象の温度変化分布を視覚化するサーマルビジョンなども銃器に装着されるようになった。 こうした最新の電子技術を導入した各種オプションデバイスは、ガンアクセサリーに更なる発展の余地を与え、 元来のCQBなどの特殊任務に限定せず、タクティカルアドバンテージ(戦術的優越性)の向上に不可欠な存在として、 さらに現代戦を勝ち抜くセオリーとして強く認識されだした。 これらのガンアクセサリーを併用する小火器は、それを使用する環境や敵の能力との相対関係に応じて、 任意に周辺アクセサリーが着脱可能なシステム・ウェポンであることが求められる。 今後“銃”自体がその一義的な存在意義を失わない限り、その機能を最大限に発揮するため、更に高度な照準補助装置 (目標追尾機能、レーザー測遠機能など)や高次元に情報を共有するための電子装置(ビデオ機能、射撃統制装置、ネットワーク共有機能など) が開発されると推測される。近年、常に最前線で戦う軍・警察などの特殊作戦部隊にとって、これらガンアクセサリーの 運用は不可分なものであり、加えて一般部隊などでも多様化する様々な任務や環境に対応するため、銃へのこうした アクセサリーの装着はもはや必須事項となりつつあると言っても過言ではない。

特殊作戦装備

モジュラー・ウェポン・システム

Modular Weapon System

特殊作戦装備

▲モジュラー・ウェポン・システム(MWS)運用の先駆的存在であるM4カービンに、フォアグリップ一体型の大光量 フラッシュライト、不可視光(赤外線)レーザーサイト、ダットサイト、単眼式ナイトビジョンデバイス(暗視装置)などの各種周辺 アクセサリーを装着したフルオプションの状態。 当然のことだが実任務に不必要なオプションデバイスの装着は無駄な重量増加と携帯性の損失 をもたらすだけであるため、必ずしも全てを運用する必要はない。 ここで肝心なのは小火器を運用する作戦環境や敵の能力との相対関係に応じて任意に周辺アクセサリーを適宜選定 することであり、これと同時にレイルシステムを始めとした周辺アクセサリーが素早く着脱可能な効率的な ウェポンシステムを運用することである。

MSA ACH(アドバンスド・コンバット・ヘルメット)TC 2000

タクティカルライト

Tactical Light

特殊作戦装備

▲軍・準軍事組織に所属する対テロ特殊部隊や警察SWATは、航空機内や船舶内、車両内や屋内等の閉所空間における 近接戦闘(CQB:Close Quarters Battle)に特化した組織である。 そして、CQBを専門とする特殊部隊が作戦を敢行するこれらの環境下には、非常に高い確率で ロウライト・コンディション(低光度環境)が存在する。 対テロ特殊部隊が専門とする人質救出作戦は、夜間や薄暗い明朝に決行されることが多く、人工物内への突入に際しては 対象施設の電源設備を切断し、テロリストの視覚を奪うのが常套手段である。 電源設備を切断せずとも、突入に際しての銃撃戦やフラッシュバン(特殊音響閃光手榴弾)等の 各種ディストラクション・デバイスの爆圧によって、室内の照明器具が破損し、照明を失う場合もある。 例え日中であったとしても照明の存在しない人工物内へ一歩足を踏み入れれば、そこにはロウライト・コンディションのリスクが 常に付きまとう。特に窓の少ない船舶内や地下室内等は、空間の状況把握が不可能な完全な暗闇である場合が多い。 このようなロウライト・コンディションに対応する最も端的な方法がフラッシュライト(懐中電灯)の携行である。 各国で対テロ特殊部隊の重要性が認識され始めた1980年代、従来の軍隊における伝統的な野戦では殆ど重視されてこなかった ロウライト・コンディションであったが、CQBにおけるロウライト・コンディションのリスクの高さに直面した これらの対テロ特殊部隊では、必然的にMP5サブマシンガン等のプライマリーウェポンにフラッシュライトが取り付けられた。 当初、その堅牢性と柔軟性の高さから米国の司法機関を中心に採用され、爆発的にシェアを広めていた米国マグ・インストルメント 社製のマグライトシリーズが用いられることが多かったが、大型で重量のあるマグライトはライフルやサブマシンガン等に装着される 場合が殆どで、ハンドガン等の小型の銃器には適さなかった。 SWAT 1990年代に入ると対テロ作戦特殊部隊におけるフラッシュライトの運用に革命が起こる。 今日における高出力・大光量フラッシュライトの代名詞である米国レーザープロダクツ社(現シュアファイア社)製 “シュアファイア(SUREFIRE)”シリーズの台頭である。 シュアファイア・シリーズは、高電圧・高出力かつ高い安定性を備えた小型のCR123Aリチウムバッテリー を電源に採用することで、掌に収まるほどに本体の小型化に成功しながら、高出力のハロゲンランプと 高精度リフレクターを組み合わせることで、マグライト等の従来の一般的なフラッシュライトに比較し、 小型軽量化による可搬性の向上と圧倒的な大光量という相反する条件を実現した。 このシュアファイアがもつ特性から生まれたのが『光を武器として利用する』という新たな戦術である。 人間は強力な光線を直視した際、眼球を保護するため反射的に目を閉じたり、光線から顔を背けるといった 反射行動を無意識にとってしまう。 また、眼球は脳機能と直結しており、光線によって視覚機能が幻惑(目潰し効果)されることで人間の思考能力と 身体機能は大きな制限を受ける。 従来のフラッシュライトの照明器具としての一義的な用途に加え、大光量の光線を制圧対象者に照射することで、 相手の視覚機能を幻惑し、思考停止と身体機能の制限により一時的に行動不能にさせることが 可能となったのだ。 フラッシュライトを戦術(タクティカル)の一部に取り込んだことから、シュアファイアに代表される 小型軽量な大出力フラッシュライトはタクティカルライトの別名でも知られるようになった。 シュアファイアは、従来のフラッシュライトと同じく手で保持するハンディライトシリーズのほか、 銃器に装着して運用することを目的にして専用開発されたウェポンライトシリーズも積極的に展開した。 ウェポンライトは、射撃時の振動や発熱に耐え、軍・警察の過酷な作戦に用いられるという特殊性から、通常のハンディライト 以上の耐久性や信頼性が要求される。 シュアファイアは、高い工作加工精度と高強度材料の採用、防水・防振構造の採用等により、これらの要求をクリア。 ライフルやサブマシンガン、ショットガン、ハンドガンといった銃種ごとに対応した 専用マウントに加え、ライトベゼルやバッテリーチューブを始めとした各種コンポーネントを モジュール化し、任務に応じた多種多様な組み合わせを可能とし、特殊作戦への対応の幅を広げた。 これにより、シュアファイアはタクティカルライト・ウェポンライトの市場において大きなシェアを獲得し、 各国のタクティカルオペレーターから絶大な信頼と支持を得るに至る。 シュアファイの登場により、第一線の対テロ特殊部隊のみならず、法執行機関やセキュリティなどの 幅広いタクティカルユースが積極的にタクティカルライトの導入を開始し、タクティカルライト・ テクニックとして効率的な運用手法を含めた実戦でのノウハウが徐々に蓄積されていった。 現在、軍・警察・PMC(民間軍事会社)の作戦行動に屋内での索敵や夜間行動などが加わり、 ロウライト・コンディションに遭遇する機会が従来に比べ、一層増加する 傾向にある。 そのため、特殊作戦を敢行する特殊部隊に限らず、軍の一般部隊や法執行関係者などにおいて もダットサイトを始めとした小火器用オプション・デバイス同様、 個人装備に タクティカルライトを加えることは現代戦闘の必須項目となりつつある。

SIG SAUER P226 / SUREFIRE 3V Weapon Light

▲レーザープロダクツ社製のウェポンライトを装着したSIG SAUER P226オートマチックピストル。 銃種ごとに専用設計されたライトマウントは、銃に特殊な加工を施すことなく、テイクダウンレバーなどを 専用の部品に交換するだけで装着可能なデザインとなっている。 CR123Aリチウムバッテリー1本(出力電圧3V)を内蔵し、電圧3Vに対応したP30バルブアッセンブリー (キセノンランプ)を搭載し、約20ルーメンの光束をもつ。

Beretta M92FS / SUREFIRE 3V Weapon Light

▲ライトマウントを交換することなく、モジュール化されたライトアッセンブリー部分を交換するだけで、 内蔵バッテリー2本(出力電圧3V)に対応したP60バルブアッセンブリー(光束65ルーメン)を運用することも可能である。 ライトの出力は強力になるが、バッテリーの倍増に伴いバッテリーチューブを追加するので、当然のことながら全長も増し、可搬性は低下する。 構成部品のモジュール化によって、ウェポンライトが必要とされる状況に応じた使い分けが可能だ。

Surefire Weapon Light System

▲1990年代に登場したレーザープロダクツ社製のウェポンライトを装着した各種オートマチックピストル。 2000年代以降、特殊部隊向けのコンバットピストルには、レールシステムの運用が不可分な要素となっているが、 1990年代当時はH&K社製のUSPなど一部の最新モデルを除き、ウェポンライトなどのオプションデバイスの運用に標準対応したピストルは普及していなかった。 そのため、レーザープロダクツ社は軍・警察向けに需要の高い銃種を中心に専用のライトマウントをラインアップし、 部隊で運用している既存の銃種へのウェポンライトの導入を容易にした。 ウェポンライトの心臓部であるベゼルアッセンブリーは容易に取り外し可能なようモジュール化され、 リチウムバッテリーの電圧(内蔵本数)ごとに3V(1本)/6V(2本)/9V(3本)に対応した高出力バルブ やレーザーサイトモジュールを運用することができる。 このモジュールシステムに使用される主要な構成部品や消耗部品は、ライフルやサブマシンガン、ショットガン、ハンドガンなど銃種が異なっても 専用マウントなどを除いて全て共通化しており、様々な作戦環境への対応や長期的運用を可能とした画期的な製品群であった。 1990年代には全米の警察SWATや軍特殊部隊において相次いで採用され、その後各国の軍・警察においても普及し、 ウェポンライトの普及において先駆的存在となった。

レーザーサイト

Laser Sight

特殊作戦装備

レーザー(Laser)は、“Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)”の頭文字をとった専門用語であり、 レーザー発振器によって光(電磁波)を増幅して生成された人工的な光である。 レーザー光線は、可視光や不可視光など様々な領域の電磁波の波長を一定に保ちながら照射することができ、指向性(直進性)と収束性に優れるという最大の 特徴をもっている。 この指向性に優れるというレーザー光線の特徴を利用した代表的なガンアクセサリーがレーザーサイト(レーザー照準器)である。 射撃のボアライン(軸線)に合致するよう銃器にレーザー発振器を装着し、遠方に照射されたレーザーの光点を射撃時の狙点として利用する。 レーザー光線は遠距離でも拡散しにくい高い直進性を保つため、その光点と射撃時の実際の着弾点が一致するように調整することで、銃に備わっているアイアンサイト を使用することなく、正確な射撃を可能とした。 レーザーの光点さえ確認できれば正確な射撃が可能となるため、スコープなど他の光学照準器を利用した射撃とは異なり、 ガスマスク装着時や腰撃ち姿勢を始めとして様々な射撃姿勢から自由度の高い射撃を行うことができる。 これは特に閉所空間における近接戦闘(CQB)を得意とする対テロ特殊部隊や警察SWATには、高いタクティカルアドバンテージ(戦術的優越性)であった。 レーザーの技術的実用化に目処がついたのは1960年代で、今日のように情報機器を始めとした民生分野の様々な場面でレーザーが用いられるようになったのは、 レーザーモジュールの小型軽量化と低価格化を実現した半導体レーザーが普及した1990年代以降である。 1980年代にはレーザーの照準器への応用について先見性を見出した米国のガンアクセサリーメーカーを中心に実用的なレーザーサイトが開発されていたが、 普及当初のレーザーサイトはガスレーザー発振器等を内蔵したことから大型で重量があり、主にライフルやサブマシンガンなどに装着して運用されることを想定していた。 1990年代には、半導体レーザーの技術革新により、レーザーサイトモジュールの小型軽量化に成功し、射手への負担軽減と同時に 殆どのハンドガンへもレーザーの装着が可能となった。 当初、黎明期にあるレーザーサイトは非常に高額な製品であったことから、その有効性を認めた予算の潤沢な一部の対テロ特殊部隊や 警察SWATにのみ採用されることが多かったが、半導体レーザーの普及と急速な低価格化により、様々なガンアクセサリーメーカーが 多種多様なレーザーサイト関連製品を開発製造し、今日では民間を含む幅広いタクティカルオペレーターによってレーザーサイトが利用されている。

特殊作戦装備

▲H&K社製MP5A3サブマシンガンに装着された米国レーザープロダクツ社製(現シュアファイア社)の赤色可視光レーザーサイト(出力5mW)。 今日、タクティカルライトの市場において勇名を馳せるシュアファイア社だが、その前身であるレーザープロダクツ社は、 元々レーザーデバイスを専門とする新興ガンアクセサリーメーカーとして設立された。 これはレーザーサイトが登場して間もない1980年代後半に製造されたモデルで、当時産業用レーザーとして一般的だった ガス(気体)レーザーの一種であるHe-Ne(ヘリウム・ネオン)レーザー発振器を内蔵している。 He-Neレーザーは、真空容器内にヘリウムガスとネオンガスを封入したガラス製のレーザー細管によって、レーザー光 を得ることから、全長約30cm・重量約1.2kg(マウントを含む)の大きさをもち、小型軽量な半導体レーザーが主流の現在のレーザーサイト よりも遥かに大型で重量があった。電源として再充電可能な専用のニカドバッテリーを用いる。 大型で重量があり、装着可能な銃種が限定されることから、米国の法執行関係機関や警察SWATを始めとして、極一部の特殊部隊によって 採用されるのみで、タクティカルマーケットにおけるレーザーサイトの普及は限定的なものであった。

H&K MP5A3 / SUREFIRE L72 Laser Sight

▲レーザープロダクツ社製のL72レーザーサイトモジュールを搭載したH&K社製MP5A3サブマシンガン。 L72レーザーサイトモジュールは、レーザープロダクツ社が1990年代後半から製造を開始した赤色可視光レーザーサイトである。 レーザー発振器を無加工で取り外し可能なモジュール式のコンポーネントにすることで、同社がラインアップするウェポンライトシステムと 組み合わせにより、ライフルやサブマシンガン、ハンドガンなど様々な銃種でレーザーサイトの運用を可能とした 画期的な製品であった。 L72レーザーサイトモジュールは、従来の大型のレーザーサイトのデメリットを払拭した小型軽量な半導体レーザーを採用しており、 その軽便さから同社のウェポンライトシステムと併せて世界各国の対テロ特殊部隊や警察SWATに採用され、 タクティカルユースにおけるレーザーサイト普及に先鞭を着けた。 なお、可視光レーザーを照射するL72の他にも、ナイトビジョンデバイス(暗視装置)と併用することを前提とした 不可視光のIR(赤外線)レーザー照射機能をもったL75も製造された。

H&K MP5A3 / SUREFIRE L72 Laser Sight

Beretta M92FS / SUREFIRE L72 Laser Sight

▲ウェポンライト用マウントを介してL72レーザーサイトモジュールを装着したベレッタ92FSオートマチックピストル。

特殊作戦装備

▲2000年代後半に製造された米国ITI(インサイトテクノロジー)社製のM6Xタクティカルレーザーイルミネーターを装着した SIG SAUER P226オートマチックピストル。半導体レーザーの技術革新により、レーザー発振器は極限まで小型化され、 大光量ウェポンライトとレーザーサイト機能のコンビネーションを容易にした。

警視庁特殊捜査班(SIT)

▲米国SUREFIRE社製のX300タクティカルウェポンライトを装着したBeretta 92FS Vertecオートマチックピストル。 X300は、X200の後継モデルとして2007年に発表された。 LEDを光源としたSUREFIRE社初のハンドガン用小型ウェポンライトであった従来のX200シリーズは、 集光レンズの形状ごとにスポット光が特徴のX200A、拡散光が特徴のX200Bがラインナップされていたが、 後継モデルであるX300では照射光の違いによるA/Bの区分が廃止され、一般的なウェポンライトと同じく1種類に統一された。 また、照度もX200が光束65ルーメンであったのに対して、X300では光束110ルーメンに向上し、 後発の販売ロットでは内蔵LEDが最新モデルに換装され、光束170ルーメンに向上されている。

特殊作戦装備

▲米国SUREFIRE社製のX400タクティカルウェポンライトを装着したH&K HK45オートマチックピストル。 ハンドガン用小型ウェポンライトとレーザーイルミネーターの組み合わせにより、タクティカルマーケットでの成功を収めたITI社製M6シリーズに倣い、 2009年に発表されたX400は、SUREFIRE社が大出力LEDウェポンライトとして先発で販売していたX300に小型のレーザーイルミネーターを追加したモデルである。 内蔵LEDの照度は販売初期のモデルでは光束110ルーメン、後発の販売ロットでは内蔵LEDが最新モデルに換装され、照度が光束170ルーメンまで向上されている。

主要装備