装備資機材ヘッドウェア>ハッチ KH1500

HATCH KH1500 Lightweight Hood with KEVLAR

HATCH(ハッチ)KH1500 ケブラー ライトウェイト フード

ハッチ

HATCH

1967年に米国で創設されたハッチ(Hatch Corporation)は、高品質で革新的なタクティカル・グローブの開発によって、 警察SWATなどロー・エンフォースメント(法執行関係機関)向けタクティカル・グローブの市場において、先駆的存在として世界的知名度を誇るメーカーに成長した。 今日、ハッチは大手プロテクティブ・ギアメーカーとして、世界各国のプロフェッショナルに愛用される良質なグローブやプロテクティブ・パッド、 タクティカル・フード(バラクラバ)、ギア・バッグなど軍・警察向けの各種デューティー・ギアに加え、工業用や医療用など民間市場向けのプロテクティブ・ギアを提供している。 これらの製品は、生命の危険に直面するタクティカル・ユースへ常に最高の保護性能と耐久性能を提供するため、高品質の材料と最新の技術を駆使して製造されている。 代表的製品であるグローブは、パトロールオフィサー向けのクラシックなデザインを有するレザーグローブや防寒用グローブ、ドライバー向けのドライビング・グローブ、 ライダー向けのライディング・グローブ、シューター向けのシューティング・グローブ、特殊部隊向けのタクティカル・グローブなど、 常に第一線のプロフェッショナルが求める様々なニーズに応じ、多種多様な製品群を展開している。 なお、ハッチは2003年に防弾装具メーカーを中心に複数の子会社を有するアーマー・ホールディングス(旧アメリカン・ボディー・アーマー)に買収され(同社も2007年に英国の大手軍需企業のBAEシステムズに買収される)、 2008年以降に米国の複数のタクティカル・ギア・メーカーを傘下に有するBAEシステムズ・プロダクツ・グループが、 既に系列企業であり、総合タクティカル・ギア・メーカーとして世界市場で高いブランド・ロイヤルティを誇っていた“サファリランド”に社名を統一したことから、 2014年時点ではサファリランド・グループの系列企業となっている。

ハッチ KH1500 ケブラー・ライトウェイト・フード

HATCH KH1500 Lightweight Hood with KEVLAR

米国の大手プロテクトギアメーカー“HATCH(ハッチ)”社製 の“ケブラー・ライトウェイト・フード KH1500”。 “KH1500”は、頭部のヒートプロテクション(耐熱)及びカットプロテクション(防刃)を要求する対テロ特殊部隊や警察SWAT向けに開発されたタクティカル・フード(バラクラバ)である。 フード本体及び縫製素材には、米国デュポン(DuPont)社製の高性能アラミド繊維(パラ系全芳香族ポリアミド繊維)であるケブラー(KEVLAR)が100%用いられ、高い耐切創性能と摂氏427度の高温まで熱分解しない耐熱性能を有している。 また、高い防護性能を維持しながら薄手のライトウェイト・ケブラーを用いたことで本体重量は約85gと軽量だ。 繊維の伸縮性が高いことからサイズはオールフィットのワンサイズのみである。

HATCH(ハッチ)KH1500 ケブラー ライトウェイト フード

▲本体の全長は約45cmと長く、頭部だけでなく首筋も十分に保護できる。

HATCH(ハッチ)KH1500 ケブラー ライトウェイト フード

▲“KH1500”を着用した警察特殊部隊所属の捜査員。国産の38口径官用回転式拳銃であるミネベア社製ニューナンブM60を構えている。